乾燥肌 ニキビ 関係

乾燥肌とニキビって関係あるの?

乾燥肌だと皮脂の分泌が少ないので、ニキビができないと思っている人も多いでしょう。しかし、乾燥肌だからといって吹き出物(皮膚にできる湿疹などのできものをいいます)ができないわけではありません。

却って、乾燥肌(皮膚の保水力が足りず、粉をふいたようになってしまったり、ざらついたり、荒れたりします)の方が面皰ができやすいです。そこで乾燥肌とニキビの関連性について説明していきたいと思います。

乾燥肌(保湿することも大切ですが、洗浄成分の強すぎる洗顔料を使わないことも大切です)とはみなさんご存じのとおり肌が乾燥した状態のことです。潤いがなくなってしまうと肌は乾燥を防止する為に皮脂を大量に分泌させます。

皮脂(分泌量が少ないと、乾燥肌になってしまうでしょう)が過剰に分泌されれば、当然毛穴が詰まりやすくなり、ニキビが可能でやすい環境になります。乾燥肌(皮膚の保水力が足りず、粉をふいたようになってしまったり、ざらついたり、荒れたりします)の人の中には吹き出物(毛穴が詭まってしまっていたり、不摂生な生活を送っていると、できてしまいやすいです)に悩まされている人も多いのですが、このようなことが関係しているのです。

では、どうすれば乾燥肌によるニキビを防ぐ事の出来るのでしょうか?

やり方は単純でちゃんと保湿をすればいいのです。

保湿をして肌に潤いを与えれば、皮脂(過?に洗浄すると、必要な分まで洗い流してしまい、乾燥肌になったり、多く分泌しすぎてしまうそうです)の過剰分泌を防げるので、吹き出物(二十歳を過ぎたら、ニキビではなく、吹き出物と表現しますね。できる原因も畭なります)の予防・改善に繋がります。

自分はオイリー肌だと思っている方も実は肌の乾燥が要因で皮脂量が多くなっているだけというケースも多いです。

 

サイトマップ