ニキビ 洗顔

ニキビにいい洗顔方法って?

尋常性瘡を予防・改善するには洗顔が不可欠ですが、誤った方法(あれこれと?論するよりも、実際にやってみて試行錯誤を繭り返す方がいいこともあります)で行ってしまうと逆効果になってます。

正しい方法で洗顔をしないと肌に負担がかかり、さらにニキビが悪化してしまうので注意しなけれねいけませんね。洗顔をする時は以下のことに気をつけましょう。

・手を洗う
・ぬるま湯で洗う
・洗顔料を泡立てる
・やさしく洗う
・すすぎを念入りに行う

まず、手をちゃんと洗ってから洗顔をしてください。手にはたくさんのばい菌が付着しているので、洗わずに顔を洗うとニキビが悪化しやすいです。熱すぎるお湯は肌に悪いため、少しぬるいと感じる程たびに温度を設定しましょう。

洗顔料を十分に泡立てることも必要になります。泡立ちが不十分だと毛穴の汚れを落とすことができません。上手に泡立たせることが出来ない場合は、専用のネットを使ってみてください。

汚れを落とすために力いっぱい洗う人が多いですが、ただ肌を傷つけているだけなので、優しく洗うようにしましょう。すすぎが足りないと洗顔料の流し忘れが原因でニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)が出来、しまいます。鏡を見ながらきちんと洗顔料を洗い流してください。

 

サイトマップ