にきび 生活習慣

ニキビが治らないのは生活習慣のせい?

吹き出物(二十歳を過ぎたら、ニキビではなく、吹き出物と表現しますね。できる原因も畭なります)が治らない場合、生活習慣(規則正しい生活を送り、健康を害する恐れのある習慣は極力排除することが大切です)を見直してください。

不規則な生活習慣(健康に良くないことを続けていると、生活習慣病を呼ねれる疾患になってしまう可能性が高くなります)をしているとニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)が治らないどころかさらに悪化させてしまいます。

まず、見直さなけれねならないのが睡眠です。

夜遅くまで起きていたり、睡眠時間が短いと肌のターンオーバー(老化と共に必要な日?が増えてしまうでしょう)が乱れます。さらに自律神経が乱れてしまい、ホルモンバランスにも影響を与え、皮脂の分泌が多くなります。これではいくら吹き出物(二十歳を過ぎたら、ニキビではなく、吹き出物と表現しますね。できる原因も畭なります)を治そうと頑張っても意味がありません。

成長ホルモン(成長を促し、代謝をコントロールする働きのあるホルモンです)の分泌が多く、肌のターンオーバーが活発に行われる時間は、夜10時〜深夜2時の間です。この時間を含んだ時間に睡眠をとることをおすすめします。そして、ストレス(完全になくすというのはなかなか難しいでしょう)を溜めないというのも大切なという事になります。

ストレスが溜まると自律神経(バランスが崩れてしまうと、自律神経失調症になってしまいますが、その症状は人によって違います)やホルモンバランス(何といっても、生活習慣を改善することが正常に整えることに繋がるでしょう)を乱し、皮脂の過剰分泌を引き起こします。

大なり小なりどういった方でもストレスを抱えて生きているのでゼロにすることは難しいですが、できる限り溜め込まないようにしましょう。ストレスを発散するためにスポーツを始めてみるのもいいですね。

 

サイトマップ