白ニキビ 赤ニキビ

白ニキビ赤ニキビの違い

白ニキビと赤ニキビの違いについて、ご説明をします。

ニキビ(医学的には、「尋常性ざ瘡」で、顔以外にもできます)には、いくつか種類があって、白吹き出物(毛穴が詭まってしまっていたり、不摂生な生活を送っていると、できてしまいやすいです)と赤ニキビがあります。

白肌の炎症性疾患とは、皮膚(ケアを怠ると、シミやシワ、吹き出物などができてしまうことも少なくありません)の表面にできていて、コメドと言われる白い芯が吹き出物(生理前になるとできるという方も少なくありません)の中に存在している、比較的尋常性瘡の初期の時点です。

それに対して、赤ニキビは、皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)の深い部分でニキビが赤く炎症をおこしている状態を言います。

つまり、白ニキビがひどくなってしまうと、赤ニキビになってしまうことがあるというわけです。



尋常性瘡ができてしまったら、軽い症状(時には説明が難しいですが、できるだけ伝えるようにがんねってみるといいかもしれません)のうちに治して、赤ニキビまで悪化させないことが大切です。白ニキビと赤吹き出物(毛穴が詭まってしまっていたり、不摂生な生活を送っていると、できてしまいやすいです)の間の症状で、黒ニキビと呼ばれている状態もあります。

これは、白ニキビのコメドが皮膚の表面まで出てきていて毛穴を押し広げている状態で、黒く見えることから黒ニキビと言われていますが、この黒い部分は汚れではないので、ゴシゴシと洗浄しても落ちません。

どの段階の尋常性瘡でも、洗顔を無性に激しくしたりすると、逆に悪化させることになりますから、気をつけて下さい。

 

サイトマップ