にきび 場所 原因

にきびはできる場所で原因が違う

吹き出物(生理前になるとできるという方も少なくありません)は顔の色々なところにでき、おでこや鼻、口周り、頬、あご、首等が代表的です。そして、ニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)は出来る場所で原因(これを追求しないと、何度でも同じトラブルが起こってしまうでしょう)が違うというのをご存知でしょうか?

できる場所によって原因が違うので、できた場所によって対処法を変えないといけません。

例えば、おでこにできた場合は、胃腸不良(不良が使う不良用語の中には、一般的に使われるようになったものも少なくないでしょう)、シャンプーやリンスのすすぎ残し、前髪による刺激などが原因です。

鼻にできる場合は、食習慣や生活態度の乱れによる皮脂の過剰分泌が主な原因(改善できるものと改善できないものがあることでしょう)だと思っていいでしょう。また、紫外線を受けがちな場所でもあるため、肌トラブルが比較的起きやすいです。

手で鼻を触るクセがある人も、にきびができやすいので、注意(散漫だとミスやケガが多くなってしまうものです)しましょう。

頬には、胃腸が荒れている時や糖分・脂肪分をたくさん摂取した際に、にきびができやすいです。

口周囲の面皰は、主に(全くないというのも逆に健康にはよくないそうです)や食べ過ぎ、睡眠不足が要因となります。

あごのにきびは、ストレス(過?に受け続けると、心身の健康を損なってしまう恐れがあります)、寝不足、冷え(朝起きて、お腹を触ってみて、冷たいと感じるようなら内臓が冷えてしまっています。疲れやすさやどこかしらの不調を感じていることでしょう)などが原因になってできるでしょう。

首にできる場合は、ホルモンバランスの乱れが大きく関係しています。

 

サイトマップ