ニキビ 食べ物

ニキビと食べ物って関係ある?

ニキビと食べ物には深い関係があります。普段の食事内容によって、ニキビができやすいかどうかが決まると言っても良いと思われます。食事内容が良ければニキビができませんし、悪ければ手軽にできるためしまうのです。

では、どんな食べ物に気をつければいいのでしょうか?

気をつけたいのは脂肪分や糖分の多い食べ物です。脂肪分や糖分の多い食べ物は皮脂の分泌を促す働きがありますから、毛穴が詰まりやすくなるんです。その為に、肉やお菓子の食べ過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

ニキビ(皮膚の炎症性疾患が顔に表れた際の呼び名です)を予防・改善するのに食べた方がいいのが野菜(新鮮な産地直送のものを買える直売所がブームになっているようです)や果物です。野菜や果物にはニキビに効果的だビタミン(生き物が成長したり、健康を維持する上で必要不可欠な栄養素の一つです)・ミネラルが豊富に含まれています。

現代人は深刻な野菜(最近ではマクロビがブームになっていますね。マドンナなども実践しているんだとか)不足だといわれているので、意識的に食べるようにしてください。もし、食事で野菜の栄養を摂れない場合は、青汁やサプリメントなどで補うようにしましょう。

野菜(たくさん食べるようにすると、ダイエットにも健康にもいいでしょう)には食物繊維(たくさん含まれた食べ物をとることで、便秘の改善に繋がります)も含まれているので、便秘解消にもつながりますよ。便秘にお悩みの方にとっては一石二鳥の食べ物(飽食の時代なんていわれて久しいですが、実は昔の食事の方が栄養的には豊かだったのかもしれません)です。

ニキビと食べ物の関係

ニキビと食べ物(食べないと生きていけないわけですが、食べ過ぎると健康を損なってしまいます)には、みなさんが思っている以上に深い関係があると思ってください。普段、口にしているものがニキビを増やしている可能性があります。

例えば、糖分の多いものや脂っこいものを好んで食べている方は、ニキビができやすいです。

このような食べ物は皮脂の過剰分泌を生んでしまい、毛穴を詰まらせてしまうはずです。毛穴が詰まると中で炎症が起こり、面皰ができてしまうというわけです。そのため、ニキビを予防・改善したいのであれば、お菓子や肉類を食べ過ぎないようにしてください。

そして、吹き出物(二十歳を過ぎたら、ニキビではなく、吹き出物と表現しますね。できる原因も畭なります)に悪い食べ物があれば、逆にいい食べ物もあるみたいです。

ビタミンAやビタミンB、ビタミンC(成人の一日あたりの摂取推奨量は、100mgとされています)、ビタミンE、ミネラル(人体には必要な栄養素ですが、摂り過ぎるのもよくありません)、コラーゲン(皮膚だけでなく、骨や軟骨、内臓や血管にもあります)、食物繊維などを多く含む食べ物は、吹き出物(生理前になるとできるという方も少なくありません)改善に有効です。

特にビタミンCは、非常に大切な栄養素(不足しがちな時は、サプリメントを利用するのも一つの方法です)ですので、積極的に摂取すると良いでしょう。

緑黄色野菜やフルーツなどにビタミンCは?多く入っているので、野菜中心の食事習慣にすることがニキビの改善に効果的です。

 

サイトマップ