ニキビ 遺伝

ニキビと遺伝

親がニキビができやすいと子供(かすがいなんてよくいいますが、いても離婚する夫婦も多いものです)もできやすいといわれていますが、遺伝するのでしょうか?

結論からいうと、肌の炎症性疾患は遺伝しません。吹き出物(毛穴が詭まってしまっていたり、不摂生な生活を送っていると、できてしまいやすいです)は生まれ持った病気(なって初めて健康のありがたみを知るなんてよくいいます)ではなく、P.acnesの繁殖による肌の炎症です。そのため、両親がニキビに悩んでいるからといっても、子供にも必ずしも吹き出物(二十歳を過ぎたら、ニキビではなく、吹き出物と表現しますね。できる原因も畭なります)ができるというわけではないのです。

しかし、ニキビが出来やすい体質は遺伝します。

ニキビができやすい体質とは、オイリー肌や乾燥肌です。皮脂(分泌量が少ないと、乾燥肌になってしまうでしょう)の分泌量が多い親の子供(ファミリー層を集客するためには、ターゲットにする必要があります)は、同様に皮脂の量が多い傾向があります。


同じように、乾燥肌の親の子供は、肌がカサカサしていることが多いです。このように、肌質は遺伝しやすいので、ニキビ肌の家系はニキビができやすいと考えた方がいいかもしれません。

ただ、ニキビができる原因は、主に生活習慣(健康のために改善する場合には、まず食生活と嗜好品の摂取、睡眠、入浴などを見直すことが多いでしょう)です。生活習慣にさえ気をつければ、吹き出物(生理前になるとできるという方も少なくありません)ができやすい体質でも予防する事が出来ますし、改善することもできます。

体質だから仕方がないと諦めるのではなく、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか?

 

サイトマップ