矢吹心 ニキビ

にきびが治る洗顔法

にきびを治すためには洗顔が重要です。

洗顔方法が間違っているとにきびができやすくなりますし、正しい方法で洗うと効果的に予防・改善できます。

にきびが治る洗顔法は以下の通りです。

・洗顔回数は1日2回を守る
・手を洗う
・毛穴を開かせる
・洗顔料をよく泡立てる
・ゴシゴシ強く洗わない
・すすぎを念入りに行う

まず、洗顔回数は1日2回までにしてください。3回も4回も洗ってしまうと肌が乾燥して、ますますにきびができやすい状態を作ってしまいます。また、手には雑菌がたくさん付着しているので、必ず洗ってから洗顔をしてください。

洗顔をする前にぬるま湯で顔を濡らしたり、蒸しタオルを使って毛穴を開きましょう。そうすることで毛穴の奥の汚れまで落とすことができます。

洗顔料の泡立ちが足りないと毛穴の汚れを落とせないので、十分に泡立ててください。力を入れて洗ってしまうとにきびを悪化させますから、優しく洗うようにしましょう。すすぎが不十分だと毛穴の詰まりを起こすので、念入りに行ってください。

 

サイトマップ